フォトケミカル3

“フィトケミカル”とは、植物性食品の色素や香り、アクなどの成分から発見された化学物質です。植物は、菌寄生生物・草食獣・病原体・酸化的細胞等からの被害、および環境的なストレスから身を守るために、自ら抗酸化物質・抗菌物質等を豊富に作り出す作用を持っており、そうした作用を持つ植物内に含有されている物質の総称をフィトケミカル(ファイトケミカル=植物性化学物質)といいます。

White  Flower

抗酸化作用

 肉とバナナの鮮度の違い
フィトケミカル3を添加した鮮度保存袋と無添加袋での経過観察

%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%

フィトケミカル3を添加した袋では、
食品の鮮度が長持ちする為、
有害な活性酸素を消去し、食品の鮮度維持、素材の劣化防止に効果を発揮します。

かいわれ大根の鮮度の違い

%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%
マンエアブラシ

抗菌効果

%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%

試験先:(財)日本化学繊維検査協会 

自然化粧品

消臭効果

※フィトケミカル3加工布の消臭・抗菌試験協力:㈱ナゴヤセーレン

%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%

アンモニアガスの
除去性能評価試験
濃度100ppm、
2時間後19ppm
へ減少。減少率78%

酢酸ガスの試験
濃度60pm、
2時間後
2.2ppmへ減少。
減少率92%

イソ吉草酸ガスの
試験減少率99%

シューズ用のライニング材、インソール材などに使用される織物生地にフィトケミカル3を塗布し、(財)日本化学繊維検査協会で試験を行い、悪臭の元であるアンモニアガス、酢酸ガス、イソ吉草酸ガスの除去性能評価試験と、抗菌性については現品と洗濯
10回後の試験で、いずれも高いレベルでの証明結果を得ました。フィトケミカル3の加工機布は抗菌、防臭の基準に合格し㈳繊維評価技術協議会のSEKマーク(ブルー)を取得 認証番号『247Z05』 抗菌、防臭加工 加工セーレン㈱を取得しています

TOPへ