パシフィックビーム・モールド

世界最高レベルの抗菌・防カビ添加剤

1.非流出系なため抗菌、防カビ効果が長期に持続。

2.約60種のカビを含む、2000種類の菌に対し忌避効果、防カビ効果を発揮=世界最高レベル

3.バクテリア、ウィルス、真菌(カビ)にも抜群の抑制、防止効果。
4、菌を殺すだけではなく、同種に危険信号を与えて寄せ付けない忌避効果があり、生育に必要な栄養分を与えないため死滅する。
5、SIAAマーク取得。安全性と機能性の実証。

水質検査

抗菌試験

試験方法:JIS Z 2801 準拠 

試験試料:PBM-DS

試験機関:財団法人化学繊維検査協会

​結果:SIAA抗菌加工製品への抗菌性基準である抗菌活性値2.0をクリア

試験菌

黄色ブドウ球菌

​大腸菌

MIC値

0.8

​6.3

抗ウイルス試験

市販の水性塗料にPBM分散液を添加し、プラスチック片に塗布。

A型インフルエンザウィルスに対し、24時間経過で、5.1log10i 以上のウィルス感染価減少。

加工品と未加工品の差は24時間後、 3.1log10へ。

A型インフルエンザウィルスに対する24時間作用後のウイルス感染価

試験品

抗菌剤添加プラスチック

​抗菌剤無添加プラスチック

作用時間

0   1   4   8   24

1.0×10(6)

4.5×10(5)

7.6×10(4)

7.2×10(1)

1.0×10(7)

N.T. 

7.2×10(5)

1.0×10(6)

1.0×10(5)

PBM分散液:A型インフルエンザウィルスに対する24時間後のウィルス感染価

試験機関:㈶北里環境科学センター

ウィルス感染価の対数減少値

試験品

抗菌剤添加プラスチック

​抗菌剤無添加プラスチック

作用時間

1    4    8    24

1    1.3   2.1   5.1

N.T.   1.1   1.0   2.0

PBM分散液:ウィルス感染価の対数減少値 試験機関:㈶北里環境科学センター

安全性試験

SIAAの安全基準を全て合格

試験名                  結果                 試験機関

マウスの急性経口毒性試験

ラットの急性経口毒性試験

ウサギの急性皮膚刺激性試験

モルモットの皮膚感作性試験

復帰突然変異試験

​ウサギの眼刺激性試験

LD50値:>2,000mg/kg

LD50値:>2,000mg/kg

P.I.I=0(ゼロ)

陰性

陰性

軽刺激物

財団法人日本食品分析センター

SafePharmLaoratories

同上

同上

同上

同上

防カビ試験

PBM2%分散液 防カビ試験結果(ASTM法)試験機関:財団法人日本紡績検査協会
市販された水性塗料にPBM2%分散液を添加し、プラスチック片に塗布したものを検体とした。

   試料                カビの育成           表示

7日    14日    21日    28日

ー     ー     ー     ー

ー     ー     ー     ー

PBM分散液

ー     ー     ー     ー

ブランク

(​防カビ剤なし)

土     土     土     土

土     土     土     土

土     土     土     土

0

0

0​

1

1

1​

TOPへ